みんなでAVA強くなろうのコーナー

AVA歴7ヶ月の少尉と学ぶブログ

J-ChampionShipで勝つためには

こんばんは。


長らくAVAから離れてポケモンに夢中になっていましたが
この度、復帰いたしました。


というのも、運ゲー嫌いなんですよね。僕。



その嫌いな運ゲーですが・・・AVAでJ-ChampionShipをやってるとよく思います。
味方(運)ゲーだな、と。



では、今回は5vs5について、いくつかの勝ち方を僕なりの考え方でお教えします。




 あなただって重要なゲームの駒


おわかりですか?
どれだけ弱かろうと、あなたもチームの大事な一員なのです。


5vs5のルールですと、1人失っただけでゲームバランスが崩壊しかねません。


そのため
なるべく死なないことを心がけてください


よく見受けられるのが
突っ込むだけ突っ込んでなんの成果も得られずに、クソスコアを叩き出して萎え落ちする人です。



では弱い自分は何をすればいいか?
敵を見つけ、味方に数を伝えることが最も重要な役割です



攻めでしたら、相手の数が少ない方へ
守りでしたら、相手の数が多い方へ


人数を増やせばいいですよね?



 相手の方が人数が多い場合はどうするか


こういった状況、多いですよね。


ではまず、守り視点から考えていきましょう。
こちらの人数が5人、相手が4人の場合、あなたならどう立ち回りますか?


突撃!


そう答えたあなた。
チームの迷惑となりますよ。


索敵


突撃ではなく、そう答えたあなた。
チームへの貢献率は運次第ですね。
詰め待ちされていた場合、すぐに引ける態勢をとっていますか?


報告して待機


こう考えたあなた。
素晴らしい回答です。自分の実力とチームへの貢献度をとてもよく理解しています。
ただ重要なのは、同じ場所に立ち止まって待機してはいけないということです。


視野は皆で共有と考えてください。
守るために敵がくる場所を複数の視点でみられることの優位性、理解しましょう。


--


それでは、攻め視点で考えましょう。
人数差不利の攻めは、とても難しいです。


というのも、クリアリングする場所が増えてしまうからです。
これは先ほども説明しました、視野を皆で共有の観点からになります。


ではどのように攻めるか?
僕の場合はこのように立ち回ります。


  1. 僕が索敵を担当する
  2. 敵の位置を知らせたら味方に倒してもらう
  3. あわよくば敵の詰め待ちを期待できる場所に待機する

基本的な立ち回りとしてはツーマンセルが理想と考えます。
1人がクリアリング担当、1人がカバー担当。
1vs2の状況を作り、人数差を減らすことの考えが勝利へ繋がると考えています。


また、有用な立ち回り方としてはもう1つ。


敵が5人いる場合は
2:1:2(1側 / センター / 2側)
のような守り方をしていることが多いかと思われます。


そのため4人で1つのポイントに攻めることも、勝利へ繋がる可能性となります。
味方と息を合わせることが、攻めで最も重要といえますね。




以上となります。
稚拙な文章で理解していただけたかどうか、不安が残りますね・・・。


基本的なことですが、基本ができない人は多いです。
味方に迷惑をかけないことが何より大事です。


ここまで読んでくださり、ありがとうございました。


初心者向けの撃ち勝つ「視点」講座

  • 撃ち合いで勝てない
  • 敵が飛び出てくるタイミングで反応できない
  • スナイパーライフルによく倒される


原因としては2つあります。
①マウス感度が合っていない
②視点移動の仕方が悪い


マウス感度はとても重要ですが今回は「視点」移動に着目します。
視点移動はマップを覚えていることが必要不可欠です。




 皆さんは何を考えてマウスを動かしていますか?


僕はですね
出来るだけマウスの移動量を減らせる箇所に向けて動かしています。


少し難しい表現になってしまいましたが
「敵がどこにいるかわかんないから、全体見なきゃいけないでしょ」
           ↓
「なら右だけ見て、左だけを見れるような場所で戦いましょう」
そういう意味合いと考えてください。




自分の視線の先にだけ集中していられるなら、撃ち合いにも余裕ができますよね。
スナイパーライフルを持った人はそういう場所にいます。理解できましたか?

音を聞く

昔AVAをしていた友人がこう言っていました
「AVAは音ゲー」
これはハードの環境を見直すことで初めて理解できました。




AVAで最も簡単にキルをとる方法は
耳に意識を集中して周りの音を聞きとること、です。


決め撃ちの際にサイレントだと相手からゆっくり視認されてしまうため
その一瞬だけは足音を鳴らすプレイヤーは大勢います。
その一瞬を聞きとれるぐらいにまで耳に意識を持っていけるプレイヤーになれればどこに敵が何人いるかまで大体把握できます。




お金に余裕のある人はまずゲーミングヘッドセットと売り文句のあるヘッドホンを購入してみてください。
サウンドカード・イコライザ云々に関しての記述は省きます。



※ちなみに僕はiPhone付属のイヤホンを使っています